スポンサーリンク
スポンサーリンク

最新iPhone14でSEと13miniを比べるハメに

スポンサーリンク

これは悩みのあまり書いております、今iPhoneは何を選んだらいいのか。

小ささか、デザインか

iPhone14は求めるものがなかった。
いわせてもらえば、次の『15』ではMacbookとiPadに合う色にせよと。
そして気味の悪いレンズはできたらやめてくれということです。

今頃iPhone13miniと第3世代SEが目に入るしまつ。

新型iPhone14はまずカラーをみた・iPad・Macbookに合わないソリッドカラー

今回iPhoneは大きく4つに分かれております。番号順にメモリーまたは画面サイズでスペックが上がるという展開です。

  1. iPhone14
  2. iPhone14 Plus(仕様比較はこちら
  3. iPhone14 Pro
  4. iPhone14Pro Max(仕様比較はこちら

そして9月8日は夜更かし、iOS16はサポート終了のiPhone7を使っているからです。
真っ先にカラー展開をみました、特にProです。

色はきれいですが、MacbookとiPadに合わない。淡いアルミとソリッドなiPhone。

iMacとはそろう、でも持ち歩かないので意味がない。

部門同士で仲が悪いとかあるのでしょうか。
わざとかしらと思うほど、最近Appleは色に関して調子がよろしくない

12万円からという価格・iPhoneはスマートフォンであり「電話」であり

スマートフォンについて、アタクシの主なつかいみちは以下です。

  • 電話
  • 音楽配信専門のプレーヤー
  • LINE

実はiPad mini6を手に入れてからというもの、ネットと電子書籍は圧倒的にこちらです。

電話以外はスマートフォンができることすべてで優っております。打ちやすいのでSNSすらiPad mini6が多くなった。
ひるがえってiPhone14の12万円という値段をみたら、スマートフォンというより「電話」だと思えてきた。

小型軽量なら、iPhone 13miniが全スマートフォン中最良バランス

デンワは小型軽量なほどいい、「ケータイ」の頃から真理です。

そしてiOS・Androidを問わず、現時点(2022年)小型軽量のスマートフォンとして最も優れているのがiPhone13 miniであります。

実用性と高バランスした小ささにして、高品質で(地味に一番いい)、高速

iPhone7の後継ぎを探した時期があり、Palim Phoneが魅力的にみえた時期がありました。

でも一代限りの一発屋だった、そういうものは要りません。

そして新型では下馬評どおりデカいiPhoneが残ったわけです、してみると13miniしかない。

第3世代iPhone SEは「最後のAppleデザイン」

いっぽうでiPhone SE(第3世代)
今買える最新のiPhoneにして、いまのところ「最後の」Appleデザインです。

ジョナサンアイヴが手がけた、無印iPad(第9世代)と同じです。
ホームボタンもある、片手操作には一番よろしい。

Appleを買う最大の理由はかっこいいから

Appleを指名買いする最大の理由はおしゃれだから、アタシが持ってすら良く見える。

つまりデザインです。

Apple最大の魅力はカッコであります。

20年前はカッコ以外はちょっと落ちた。
しかし世界最大の製造業となった今、

  • 一番いい設計
  • 一番いい部品
  • 一番いいソフトウェア/アプリ

業界最高の性能・品質がある。
品質がよくなったら今度は肝心のカッコが怪しくなり始めた、ものごと上手くいかないものです。

ダサいものは作っても売れない

初代iMacインディゴブルー画像_01

ここが問題なんですが、性能はデザインを超えないです。

今の世の中ダサいものは絶対支持されない。

製造業の立場でいわせていただければ、いくら機能がよくても人気はなくなる。

第三世代iPhoneSEが気になってしまう理由です。6、7、8を使い続けるひとが多い理由だと思います。

iPadと比べてiPhoneはモデルごとで差が少ない、新型と違うものを探すとSEしかない。
それで最安ですから買うでしょう。

出っ張りカメラレンズの間違いにいつ気づくのか

SEの良さはデザインです。カメラもほとんど存在がわからない。
この点で13miniは劣る、小さいのにちょっとマニアっぽい。

買ったあと一番忘れる機能がスマホのカメラ性能

携帯電話の頃から部品の仕事してますから、カメラ部分の商品価値はよく存じております。

スマートフォンのカメラぐらい買う時に騒がれ、
買った後ユーザーが忘れる機能もない。

そして本体のデザインと脈絡なく突き出た3眼レンズは単純に醜い。
デザイン上の間違いだと思います。

iPhone 13Proをまったく検討しなかった理由ですが、14ではさらにくっきりした。Androidのようにせめて縦にきれいに並べるとかもしておりません。

ついでに言わせてもらえば、Proのピカピカしたベゼルは、はっきりいただけない。

「ティムクックはデザインに興味がない」といわれても仕方がない

当代CEOのティムクック(Timothy Donald Cook)はそろそろ引退が近いといわれています。

デザインには関心がなかったといわれる人です。

少なくとも先代とはあまりに違った、ランチの権利をオークションなんてことはなかったでしょう。

アップルの「伝説的なデザインチーム」が解散するにいたった内幕 | 未邦訳『アフター・スティーブ』に書かれたこと
アップル社のデザインチームは伝説的だ。しかし、テック系ジャーナリスト、トリップ·ミックルの新刊『アフター·ステ

買うのはiPhoneであり株じゃない、時価総額はどうでもいい

ティムクックの代で時価総額は世界有数になりましたが、アタシが持っているのはiPhoneでAppleの株価がどうなろうが関係はない。

むしろiPhoneだけで大きく5種類もあるほうがよほど気になる。

iPhone14は「13の色違い・カメラ違い」

とまあ閑文を連ねて参りましたのは、iPhone14とはなにかを申し上げたいがため。

iPhone14は前モデル(iPhone13)の「色違い・カメラ違い」であります。
12から買い替える理由を探すのも難しい。

Apple製品はカラーに統一感がなくなった・文具ならNG

繰り返しますがiPadやMacbookと合わないカラーだということ、しかも軽さがない。
文具ならばわかりやすいですが、色の組み合わせは悩みどころのはずです。

Appleはここ数年、モデル毎のカラーがバラバラになってきた。
正直申し上げますと、カラーが合わない上にゴツいとおしゃれから遠くなる。

新モデル発表前の徹夜行列がなくなったことについて、Appleはもう少し考えたほうがいいです。
いまいち盛り上がっていない理由は世界的不況のせいだけではないと思います。

iPhone7の次を探さねば・Androidも候補にする?

iPhone7は最新iOSのサポート外です、変えるしかない。

今回のiPhone14でAndroidもみることになりそう、ただメーカーの目でみてiPhoneの品質は群を抜いて高いのです。

12万円はほかを思い出す・M1/M2 Mac、パソコン、iPad

最低12万円からスタートというのも、他にやることを思い出させてしまう。
パソコンを買う値段ですから、M1/M2 MaciPadも買えます。

新型をみてスマートフォン以前にこりゃ電話だったと我に返りました。
そもそも電話に「プロ」とはこれいかに、20年前の遺産で食べてる証拠です。

第三世代iPhoneSEがいちばんよろしいのですが、今のiPhone7と見た目同じを買うのかという最大の問題があります。

それも仕方ないのかもしれませんが。
スワイプよりホームボタンのほうが使いやすいし、実際無印iPadは定期的に欲しくなります。

機能は良くなってかたちは前と同じモデルがよく見えるなんて、あんまりな新型です。

タイトルとURLをコピーしました