スポンサーリンク
スポンサーリンク

空中配線・ソウルノートA-0の中身は本物のハイレゾ対応アンプの理由

スポンサーリンク

世間でA-0がヘッドホンアンプとして惜しいとされる理由は
そして個人的に好きなのは

大きな筐体、つまりデスクトップ向きではないこと。

内部を見てわかった、これがデメリットでないとはっきり申し上げます。

特にヘッドホン・イヤホン愛好家の皆様へ。
このアンプは場所を確保してでも使う、それだけのメリットがあります。

ピュアオーディオの方々へは「将来にわたってハイレゾ対応」です。

(お断り)以下文章構成上やむをえず敬称略の部分がございますが何卒ご容赦願います

最新のオーディオで久しぶりにみた「空中配線」アンプ

ソウルノートA-0プリメインアンプ内部画像・横側より空中配線の状態確認-01

【ご注意】
本記事では執筆者の自己責任においてアンプカバーを開け、内部を確認しております。
一般的には危険であり(感電の可能性)、かつ故障を招いたり製品保証を受けられなくなる
可能性大のため、同様の行為はお勧め致しません。

箱から出す「開封の儀」でなく天板を外して内部を見る・SA1.0とまるで違う構成

開封の儀といっても箱から出すアンボックスではありません。
天板をひっぱがし内部を見ようと、あわよくば音の理由が見えるかも。

目的を達しました、結論をいえば「空中配線」。

簡単に申ば基板間をフラットケーブルではなく(恐らくは手はんだによる)リード線を空中に走らせてつないでいます。

驚いた、最新オーディオでは久しぶりに見た。
「信号経路を無接点ワイヤリング化」とはなんだろと思っておりましたが。

分解できたらと思いましたが、こればかりはおいそれと手が出ない。

ソウルノートA-0プリメインアンプ内部画像・上より空中配線の状態確認-02

A-0はこの手法をかなりの部分に採用しています。当然プリント基板も1枚に集約されず複数になる。

つまり小さくなるわけがないしするべきでもない。

微小信号には最適です、そして普通まずやらない手法。

これをハイレゾ対応と言わずしてほかになにをそう呼びましょうか。
原型は旧SOULNOTEのSA1.0ですが、中身は全く違うもの。

優れた真空管アンプのよう・たぶん手はんだで量産効率は悪いが特性面で強力なメリット

特性のあらゆる面で相当効果のある手法。パーツ論以前の話です。

ただし製造業では嫌われます、そもそも設計の腕が問われる。

コストが高く量産時に同じものを安定して作れるか、という問題があるため。
手はんだなら加工費は高い。

しかも下手な設計はかえってノイズを呼び込む因にもなる。

A-0は上記をクリアしてきた、SNは良いです。
音質上の強力なメリットであり、優れた真空管アンプのごとき回路レイアウトです。

ただ産業機器のそれもワンオフに近い製品でやるものです。
10万円ちょっとという販売価格はいわば「家電」で、この企画はおそらく通りません、普通は。

普通のプリメインアンプ(そしてヘッドホンアンプ)とA-0の内部を比較

公式HPの内部画像のように上方からみるとよくわからない。

しかし内部を横からみると立体的な配線が明らかです、更に某社の同価格帯プリメインアンプ(DAC内蔵)、つまり一般的な事例と比べると違いがみえる。

ソウルノートA-0の内部画像・立体的な配線と複数のプリント基盤

リード線がモノレールのように高さを変えつつ走り回っております。
以下の一般的なアンプがプリント基板1枚にまとめるところです。

ソウルノートA-0プリメインアンプ内部画像・横側より空中配線の状態確認-02
ソウルノートA-0プリメインアンプ内部画像・上より空中配線の状態確認-02
このリード線の角度にシビれました

他社製プリメインアンプ(10万円台では売れ筋・2022年時点)の内部画像・ヘッドホンアンプもほぼ同じ構成

以下が「普通のプリメインアンプ」の例です。なるべく1枚のプリント基板にまとめてフラットケーブルで済ませる。

ソウルノートは重要なパート毎にプリント基盤を分けます、そしてリード線でいちいちつなげる。
だから配線が空中を走る。

ソウルノートA-0プリメインアンプと他社製DAC内蔵プリメインアンプの内部比較用画像・上より基板・配線の状態確認-01
ソウルノートA-0プリメインアンプと他社製DAC内蔵プリメインアンプの内部比較用画像・上より基板・配線の状態確認-02

なおこの比較対象が特別にチープということはありません、どころか参考例はとてもきちんとした設計です。

ただ製造コストの常識でいえば「普通のアンプ」、つまりランキングやおすすめ上位のプリメイン・セパレート問わず大部分がこれだというだけです。

ヘッドホンアンプもおおかた似たようなもの。
というよりピュアオーディオのプリメインアンプ以上に小型であるためA-0の構成はとれません。

A-0の内部を縦横に走る配線の特殊さがお分かりいただけるかと。

古典的にして理想・「三次元的な配線」はSA1.0との決定的違い

A-0は原型とされるSA1.0と比べ内部スペースを大きくした。しかしさほどゆとりはない、立体的な配線だからです。

ハイエンドオーディオはどうしても筐体が大きくなる。

回路はパーツでは超えられないものがあります。

ノイズや相互干渉を考えるとどうしてもそうなるらしい。

その好例がA-0の空中配線です、古典的ながらプリント基板と違い三次元的に独立して配線するので互いの干渉は少ない。

ソウルノートA-0は「今より高度なハイレゾ」にも対応するアンプ

「ハイレゾ対応」がよくいわれますが、A-0は回路として高周波向きであるという意味で、本当のハイレゾ対応アンプです。

恐らくですが、ハイレゾの規格が更に上がっても充分対応するでしょう。

PCM768kHz、DSD512・ハイレゾデータはハイサンプリングほどデリケート

民生オーディオはあくまで趣味の分野ですから、本来はシリアスな技術論は畑違いのはず。
しかし一昔前には考えられなかったようなデジタルデータ規格が出てきてそうもいっていられなくなった。

PCMで768kHz/32bitやDSD512(22.5792MHz)など、はたしてこれが民生用かと我が目を疑うフォーマットです。

こんなとんでもないデジタル信号から変換されたアナログ信号はかなりデリケート

アンプやスピーカーが高性能なほど悪影響・SACDの頃より再生は難しい

皮肉にもアンプやスピーカーが高感度であるほど悪影響を受けやすい。

  • ノイズ
  • 相互干渉

これらは20年前(SACDが出た頃)よりも明らかに厳しい性能が求められます。
フォーマットとしてそうなってしまった。
スピーカーは先行している雰囲気がある。

その意味でA-0は真にハイレゾ対応仕様のアンプとはっきりいえます。
きわめて古典的かつ確実な高周波向け回路だからです。

微小信号へのメリットはプリント基板とは比較にならない・A-1もやっている形跡あり

しかし空中配線とは恐れ入った、アンテナ効果などをわかったエンジニアが使いこなせば、繰り返しますが高周波ほど効果がある。

つまり微小信号にすごく効く

今後ハイレゾのサンプリング周波数は更に上がるのでしょうが、A-0なら文句なしです。

あくまで画像からしか見られませんが、A-1も似たようなことをやっている様子がある。
なんだかもうこっちのコスト感覚がおかしくなってきた。

A-0で最初に感動したのはプリント基板のアートワーク

プリント基板のアートワークは公式HPをご覧ください、商売柄A-0で最初に感心したのはここでした。
現物は部品が実装されているのできれいなところがわからない。

なお放熱用ヒートシンクは左右独立しています。こういうところは音場感にとても重要です。

ソウルノートA-0プリメインアンプ内部画像・上より空中配線ならびにヒートシンク状態確認-04

空中で斜めに角度をつけて走る配線にして接続はハンダづけ

ソウルノートA-0プリメインアンプ内部画像・上より空中配線の状態確認-03

内部をもう少しくわしく見ます。

その空中配線、ビシッと角度をキメたもの、これはお金掛かる。

といいますか、工場から嫌われます

なお開けて中をいじろうなんて思わない方がいい。
A-0は少しリード線が曲がっただけでも確実に音が変わります

今回アタシもヒヤヒヤしながら撮りました。
もうやりません。

試作とかワンオフに近くなっている、SA1.0からサイズが大きくなるはずです。

プリント基板ではなく、空中配線でなければ出ない音はあります。
柄がデカい意味はあるとヘッドホン・イヤホン愛好家に申し上げた理由です。

コネクターすら極力使わずハンダ付け・工場から嫌われる製造仕様

ソウルノートA-0とはなにか

きわどいコストを突きつけられた設計者が、音質と価格に高水準のバランスで出した答えということです。

個人的なことを申し上げますと、10万円台の量産品でこの仕様は、アタシは企画を通すことも工場を説得する自信もありません。

コネクターすら極力使わないのですから。

2時間ぐらい打ち合わせ、というか吊し上げのあと「こんなの作れるか」と言われるはずです。

誇張でなく、ある種の非常識が忌み嫌われるのが製造業です。

ソウルノートのエンジニア加藤秀樹氏は一体どんな会話をしたのでしょう。
なんと10万円台のプリメインアンプでその帳尻を合わせた。

少し前、ヘッドホンでは「アシダ音響」という変わったものを見つけて使っていますが、違う意味でソウルノートは変わっている。

アシダボックスST-90-05の外観・音質比較記事用-01

「息が止まる」一歩手前のコストでエンジニアを駆り立てる

エンジニアという人たちはリタイアするその日まで

「あともう少しだけコスト掛けられたら(営業のヤロー安くとってきやがって)」と毎日思って生きています。

「過酷なコスト」・オーディオ進化論を生き延びたのがソウルノート

そこで特に腕利きのエンジニアを選び、わざと過酷な環境に置きます。

なるべく生きられるギリギリにする

酸素薄くするとか(低コスト)
低温とか(高品質の共用部品を開発させる)

すると順応する個体が現れる、進化論です。
それがA-0でありソウルノートです。

シャーシにみえる涙ぐましい共用化・アンプからCDプレーヤー、DACやイコライザーまで

このモデルの背面をみると「息が止まる」一歩手前であったことがわかります。

シャーシ裏面のこの穴をご覧ください、全部悩み抜いて空けた跡です

ソウルノートA-0プリメインアンプシャーシ画像・背面より空中配線の状態確認-01

さまざまなモデル共用前提の金型、むやみに空けたものじゃない。
プレス金型は高い上に資産計上しますから軽い気持ちで作れません。

この鋼板一枚にいかほど悩んだかがみえます。

「このシャーシ起こす以上は、アンプもプレーヤーもDACもイコライザーも全部音良くするしかねえ

という覚悟であります。恐らくながらそれが「A-1」「C-1「E-1「D-1N」というわけです(画像とスペックから確認した限りサイズが全く同じです)。

そうやって自分を追い込むエンジニアがいいものを作る。
「予算無制限」は意外といいものができない、長続きもしないし。
プロじゃないので個人的に好きでもありません。

「パーツではなく回路」正統派のオーディオ設計

部品に特別なものは使っていません。
むろんオーディオ音質の部品ですがいわゆる最高グレードというわけではない。

回路設計とコンストラクション・「加藤秀樹プロデュース」ソウルノートがハイエンドとなった本質的理由

これがいい。

設計者の加藤秀樹氏のもとで、ソウルノートがガレージメーカーからハイエンドブランドに上った理由だと思います。

音質はあくまで回路とコンストラクションで基本を突き詰める。
オーソドックス(正統派)です。

だからA-0を高級パーツに変えたら音がよくなるとは考えないほうがいいのではと思っています。
バランスが崩れて一般的な美の基準でいえば「醜い音」になるのではと。

逆に制約だらけであればこそA-0は研がれた。

ここまでやって出力10Wは凄みがあります

スキルのあるエンジニアは課題がきついほど「そうくるか!」という答えを絞り出しますが、まさに好例です。

前回「A-0は寸止めなし」とした理由です。
設計者の腕が確かなのは、この造りが修理に及ぶからです。

部品がごく普通のオーディオグレードであるならば数年後もパーツの調達は可能です。
音も元に戻せる。

今回Pioneer A-09の故障ではそれを痛感しました。

A-0は、いろいろな意味で、長く人気を保つことになりそうです。

タイトルとURLをコピーしました